♔ 道化師の役割



 本当に大切なことは心を通わせること


道化師は一般的には笑いの象徴であったり、ジャグリングなどのパフォーマーのイメージをもたれがちですが、
私たちが最も大切にしていることがあります。

それは『心を通わせること』です。

欧州では道化師は『カウンセラー的役割』を果たすと言われますが、私たちは目の前の人の心が明るくなること、
そして前向きになることを最も大切に
パフォーマンスを行います。
笑いや技はそのための道具にすぎません。

また、盛り上がるパフォーマンスばかり期待されることも多いですが、対象の状態によっても
『盛り上がる』ことだけを求めるのではなく、緊張をほぐすことや、わざと場を寒くさせることもよく行います。

以上の価値観はエンターテイメントでのサーカスクラウン(道化師)だけでなく、
福祉の場で活躍する道化師たちにも共通するものです。
これが、道化師の本来の役割です。


 人間本来の豊かさと喜びを伝える


人はコミュニケーションに喜びを覚える社会動物です。
しかし一方では、多くの社会人・学生たちが、様々な人間関係に苦しみ、
コミュニケーションそのものに、苦痛になったり、臆病になる人がたくさんいます。

私たち道化師は、コミュニケーションを通して感じられる心の喜びを分かち合い、
コミュニケーションすることへの喜びを伝えます。

目を合わせてハイタッチを行う、互いに手を振り合う、握手をする…、
たったそれだけの行為が人の心を和ませます。


そして、コミュニケーションの最も基本的な『心を通わせること』は私たちに無限の可能性を与えてくれます。

お行儀良く素直な良い子なんか私たちは求めません。
本当に心が通い合える、そんな空間を常に演出していくのが私たちの使命です。


 あわせて読みたい項目